◎勝手に検証◎日本は、妊婦にやさしい国?それとも厳しい国?~妊婦健診編~

はじめに

先月香港で第二子を出産しました。第一子は、東京で妊娠出産だったのですが、第二子は、ニューヨークで妊娠、妊娠後期に日本に一時帰国、そして香港で出産。はじめての海外妊娠&海外出産で各都市の大きな違いを肌で感じました。

前回に引き続き、三都市での自分自身の経験を比較して、日本は、妊婦に「やさしい」国か、「厳しい」国か、独断と偏見で勝手に検証していきたいと思います。今回は、妊婦健診編。

前回の電車編では、残念ながら、ニューヨークの圧勝、日本の惨敗となりましたが、今回の妊婦健診編ではいかに?

20151111_131203557_iOS

妊婦健診ってやること一緒だと思っていた

妊娠出産という、太古の昔から人類が繰り返し行ってきた営みは、万国共通のもの、その内容に差異はない。まして私がいるのは、世界に名だたる先進都市。妊婦健診に差異があるはずなかろう。

と、思っていました。

だからこそ、海外での妊娠、に対してなんのハードルも感じていなかったのですが、実際は、、、全然違いました。

三都市とも、おそらく、得られる医療技術は世界でも最高峰のはず。なのに、この違いはなんなんじゃ、と、びっくり仰天でした。東京での一人目の体験がなければ、日本との違いに気づかなかったでしょうし、ニューヨークから香港への移住がなければ、単純にニューヨークと日本が違う、という感想に留まっていたかもしれません。三都市の経験を経てはじめて気づく、「世界の妊婦健診、千差万別」という事実。

各都市の妊婦健診を費用と内容の2側面から紐解き、日本が妊婦にやさしい国かどうか、独断と偏見で判定を下したいと思います!

わたしの体験した順番にそってご紹介。

東京=持ち出しはあるものの、みんな一定の頻度で一定の内容の検診を受けられる=

東京での妊婦健診の内容in 2009

まず、妊婦健診の内容ですが、妊娠週数にもよりますが、基本的に、東京では、月に1回妊娠後期は2週に1回、定期健診があって、そこでは、尿検査、体重血圧測定、おなか回りのサイズのチェック、そしてエコーがありました。ときには内診があったり、段階ごとに血液検査が時々入ったり。どこの病院でもやるのかはわかりませんが、2009年妊娠時、わたしの通っていた病院では、助産師面談や、栄養士との面談もありました。

毎回エコーで見てもらえるというのは、振り返るととても良いもので、特に胎動を感じられない妊娠初期は、エコー写真で胎児の大きさをみていくのが大きな安心材料であり、楽しみなイベントでもありました。

東京での妊婦健診にかかる費用in 2009

そんな妊婦健診は、原則保険適用外。とはいいつつも、自治体から交付される受診票をもっていくと、一部自己負担はあるものの、2009年当時は14回まで妊婦健診を無料で受けることができたように思います。ただ、提示される検査をすべて受けていたので、持ち出しもあり、必ずしも全額無料というわけではありませんでした。(ちなみに、日本に一時帰国中、住民票をいれていないので、自己負担で一度実家の近所の産婦人科でチェックをしてもらったのですが、そのときの費用は、6000円ほど。) 当時は、この持ち出し分に結構ぶーぶー文句をいっていたものですが、、、

が、そんな自己負担額、アメリカに比べると屁でもないんです。。。

まして、月1、へたすりゃ、月2、最後は週1でチェックしてもらえるので、その内容を考えると、それくらいの自己負担、まあしょうがない。。と、アメリカや香港を経て痛感しました。

んでは、アメリカはどんなかんじだったかというと。。。

ニューヨーク=最先端の検査を受けられるも、、、すべては金$次第=

NYでの妊婦健診の内容in 2015

妊婦健診の内容は日本よりもいい面、悪い面、両方ある気がします。

通常の妊婦健診は、日本よりもシンプル。まず、原則、エコーは二か月に1度しかなく、エコーのないときは、心音を聞くのみ。心音を聞いて、「はい、大丈夫です」といわれても、私としては不安が募るばかりでした。特に胎動がある時期なんて、いやいや、生きてるのは知ってるから、、、と心の中でドクターに突っ込みをいれつつも、すごすごと家に帰り、「大丈夫らしいよ」とパートナーに報告するにとどまる始末。

とはいえ、何か心配なことがあると、即座に、エコーや内診もやってもらえるので、良いのですが。

ただ、染色体異常を調べる検査などでは、最先端の検査が積極的に行われており、希望すればその検査を受けることができます。35歳以上の場合は、初期の段階で母体の血液検査で胎児の染色体の検査が行われるので、5か月まで我慢しなくても、こどもの性別が早々にわかる、など日本とは違うなあということも。

(なお、調べてみたら、日本では、当該検査の導入については、反対派も多く、いまだ本格導入されていないよう。リスクに対して過度に慎重な日本と、とりあえずやってみるという姿勢を貫くアメリカの違いをここでも実感。)

また、染色体検査ではなく、単純なスクリーニング検査でも、いつも通っているクリニックではなくラボにいって検査を受けるのですが、こういった特別な検査のときは、20-30分近くかけて、丁寧に一つ一つチェックしてくれます。心臓のようす、血液の流れる様子、脳みその様子、骨の形成具合、どういう点を医師がチェックしていくのか、一つ一つ(日本にいたときよりもずっと)丁寧に説明してくれ安心感をもつことができました。

ただ。。。

NYでの妊婦健診の費用 in 2015

いずれも、すべて金次第。まず、妊婦健診を保険適用内とするためには、高い保険に入らなければなりません。まして、特別な検査を受けるときなどは保険適用外になることも多く、持ち出し分も多すぎです。妊娠8ヶ月までアメリカにいましたが、わたしは、この滞在期間だけで、下手すりゃ長女の妊娠分娩にかかった自己負担分くらいの費用を支払ったかもしれません。

国民皆保険制度ですら、散々もめてようやく成立したアメリカですから、仕方ないのかもしれませんが、、、保険にも入れない貧しい人はどうするのか。。。

お金を払える人は、最先端の技術で保護され、払えない人は、健診すらまともに受けることが難しい国であるなあと、思いました。ザ・資本主義の国アメリカでは当然の原理なのかもしれませんが、アメリカで生きていくことの大変さを改めて感じた妊婦健診でした。

さて、ニューヨークと同じ、ザ・資本主義社会香港は、、、というと。。。

香港=公立はタダ!ただ、その内容は、ベーシック!?=

香港では、香港IDを有していると、公立病院で出産が可能です。我が家が、技術に定評がある最も良い病院のひとつとされている公立病院の地区だったので、公立病院で産むことを決意。せっかく海外で産むんだから、公立病院での出産を体験してみたいという好奇心が一番の理由ですが、もうひとつの理由が費用。なんと、香港IDをもっていると、、、妊婦健診はすべてタダ!持ち出し分もなし!なんです。

ただ、、、内容は超ベーシック。もちろん、日本でも行った、必要な血液検査等はすべてやってくださるのですが、それでも「ド素人目線」の健診内容の充実度⁉でいうと差があります。。。

まず、些細な話ではありますが、毎回行う尿検査。日本でもアメリカでも、病院で採尿して検査してもらうのが普通ですが、香港では、、、これ、自分でやります。毎回自宅で採尿して持参し、自分で、リトマス試験紙みたいなので検査し、その検査結果の紙を看護師さんに見せるのです。採尿グッズも渡されず自分で用意しなくてはなりません。まさか、日本の100均で買って香港に持ってきた、お弁当用醤油ソース入れを、ここで使うとは思わなかった。。。

つぎに、エコー検査。殆どやりません。9か月、10か月で香港の公立クリニックに通いましたが、エコーをとったのは、一回のみ。しかも、大きさをはかるでもなく、頭が下にあることを確認してハイ終了。香港人の方から、エコー写真をとりたい場合は、私立のクリニックに行く必要があるよと教えられ、わたしは、香港に移ったのち、一回だけエコー写真をとりに、私立のクリニックにいきました。すると、1回の検査で、費用が3万円ほど。日本の健診で行う超音波検査と同じで、ふつーーーーーに、エコー写真をとって、体の大きさをはかっただけなのですが。。。。
ちなみに、さらに詳しい検査をすることもできますよ、といわれましたが、費用が5万円ほどかかるといわれて、ソッコーで断りました。

ちなみに、公立クリニックでの、予定日前の最後の健診のときのこと。エコーはなくとも、せめて、内診等で子宮口の開き具合でもチェックするのかなあと思いながら、混雑する待合室で2時間ほど待っていたのですが、、、
ようやく呼ばれて意気揚々と診察室に入ったところ、ドクターは私のおなかに機械をあてて、胎児の心音を聞いて、「ベビー イズ ハッピー」といって終了。え?!、ええ?!もう終わりっすか?と思ったものの、当然のようにはい終わりですという空気に圧倒されて、すごすごと退散。

香港の妊婦健診の結論は、、安い、たしかにめちゃくちゃ安い、というかタダだけど、日本やアメリカなみの「サービス」がほしい場合は、私立に行った方がいいのかも。ちなみに、私立を利用する場合は、健診のたびに、毎回受診料がかかり、その費用は、ドクターによって異なるといいます。おそらく、私が一回だけ行ったクリニックくらいの費用は払うんじゃないかしら?

結論

「◎勝手に検証◎日本は、妊婦にやさしい国?それとも厳しい国?~妊婦健診編~」 軍配は、、、日本!

ド素人の意見ですが、アメリカほどの最先端の技術とは言わないまでも、頻度やその内容は三都市の中でも抜きんでている気がしますし、何よりも、その健診の大部分について政府が費用負担してくれている状態。すごすぎます。

逆に考えると、この素晴らしい妊婦健診の費用は税金から賄われているわけで、、、香港での経験を踏まえると、日本の赤字財政を考えた時に、少し考える余地もある気がいたします。

香港の医療技術は世界最高水準と聞くし、私の行っていた公立病院は、香港でも随一の技術力と聞いていたので、おそらく、そこで、提供されている妊婦健診というのは、それだけで、じつは十分なのかもしれないなと思うのです。いいかえれば、日本の妊婦健診は公費で賄うことを考えると、too muchという見方もできるのかもしれないのかなと考えた次第です。当然だと思っていた日本の制度が、結構素晴らしいものだったんだなあ、と気づいたとき、すでにある制度が「当然」だと思わずに、提供される医療サービスと、国や地方自治体からの補助金のバランスを考えることの大切さに同時に気づいたのでした。

おまけ

20151111_131210765_iOS

ちなみに、妊婦に「やさしい」かどうかは、個人の価値観によるかと思いますが、最後に日米の決定的な⁉違いをご紹介。

日本では、健診台とドクターの間って普通、カーテンで仕切りがなされますよね?ちなみに、アメリカ、、、カーテンの仕切りありません。ドクターが内診をしている様子を直接見えるというのは、なんというか、最初は衝撃でした。ま、次第に慣れますが。。。

この細やかな気配り⁉は、わたしにとって、やさしいものでした。笑

3 Comments on “◎勝手に検証◎日本は、妊婦にやさしい国?それとも厳しい国?~妊婦健診編~

  1. 日本人らしいサービスですよね。中国本土では、カーテンがない上に、次の妊婦さんが診察室の中で何人も待っていて、前の人の検診を眺めていたりもします。

  2. こむぎさん、コメントありがとうございます♪ 中国本土では、個室での診察ではないのですね!!それは、驚きました。他の妊婦さんの前というのは、さすがにものすごく緊張しそうです。世界の妊婦健診、実は、想像以上に多種多様なんでしょうね。。大変興味深いです!

  3. Pingback: ◎勝手に検証◎日本は、妊婦にやさしい国?それとも厳しい国?~出産編~ | 海外でもワーママ生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です