=戯言コラム=髪の毛との格闘in外国

海外に住んでいてぶつかる、美容院どうするよ、、、という問題について(ついでに産後の大量抜け毛について)。

20160226_043317827_iOS

産後3か月あたりから、ごっそり髪の毛が抜け始めました。第一子のときもびっくりするくらい抜けて、かわりに産毛が大量に出てきて、もう産毛なんて言えないくらい伸びていって、美容師さんを困らせていましたが、第二子でもそうなのね~。

個人的に抜け毛は対して気にならず、むしろ、今日髪の毛を洗うとどれくらい抜けるんだ?というわくわく感が湧いてしまうほどなのですが、ただ、最近これに関して問題発生。

美容院に行く時間があんまりないわたし(面倒で優先順位があまり高くないため)。そんな私のぼさぼさの髪をきちんと見せるには、オールバックにしてポニーテールまたはお団子にしてしまうのが一番楽なのですが、そんな姿で撮った写真をみた母から、一言。

「髪薄くなっているからあの髪型やめた方がいいわよ!」 。。。

いや、一時的なものだし、もともと髪の毛多いから少しくらい減っても大丈夫よ、と強気に返しましたが、やはり母の言葉はひっかかり、改めて写真をみると、うん、たしかに薄くなってる。しかも、抜け毛は止まらない。毎晩ドライヤーをするたびに、床には大量の髪の毛が散乱。。。はてさてどうするか、とりあえず、美容院行かなきゃなあ、と思い始めました。が、NYでもぶつかった問題なのですが、、、

どうする!美容室!!!

そう海外在住でぶつかるのが美容室の問題なんです。NYでも香港でも、以下の共通の悩みにぶつかってきました。

美容院の悩みin 外国

悩み①地元の(日本人美容師がいない)美容室には怖くてチャレンジできない。なぜなら、日本人の頭のかたちに慣れているかどうか不安だから。

特にアメリカにいると、白人、黒人、ヒスパニック、アジア系の頭の形の違いは明白。日本にいたときに親しい美容師さんからも、慣れていない形の頭だと、カットに結構苦労する、といった話を聞いたこともあり、、、白人や黒人の小さい頭から生えている髪の毛を普段カットしている人たちが、私の絶壁&大きいアジアンテイストな頭をうまく整えられるのかしら、と不安はよぎってなかなか踏ん切りがつきません。

悩み②地元の(日本人美容師がいない)美容室には怖くてチャレンジできない。なぜなら、英語で自分の希望を伝えられる自信がないから。

香港では、アジア人の頭に慣れている美容師さんも多いはず、、、とは思うのですが、それでもやっぱりローカルのお店には足を踏み入れられない。だって、、、お恥ずかしながら、自分のカット後のイメージなどの希望をきちんと伝えられる自信がない。せいぜい〇cm切って、としか言えない。。。

まあ、日本人の美容師さん相手にも、たいていお任せします、しか言っていないのですが、お任せしてしまった場合、完全に日本人離れした髪型になる可能性あり。いや、別にいいんだけどね。。。香港風カットでも。。。でもやっぱり。。。不安は残る。。。

悩み③日本人美容師は、大概高い。めちゃくちゃ高い。

ローカルの美容師さんが不安ということで、日本人の美容師さんを探すと、さすがニューヨークと香港は、簡単に日本人の美容師さんを口コミやらネットやらでみつけることができます。が、、、、たかーーーーーーーーーーーーーーーい。カットだけでNYでも香港でも1万円くらいしたりするのです。

ついでにママならではの悩み

ついでのママならではの悩みとしては、美容院に行く暇がないっ!これは日本でも香港でもアメリカでも一緒です。。。まして新生児と一緒なら、基本的にほぼパジャマみたいな姿で日がな一日ぼーっとくらしちゃったりして、美容のことなんてそっちのけになってしまうのです(私の場合)。

美容院問題×解決方法

さて、私なりの解決?方法は以下の通りです。

解決方法その①できるだけ切らない

いや、これ解決方法じゃないでしょ、という突っ込みは重々承知の上あえて記載します。切らない。これ一つの方法です。

アメリカにいた時、髪を切ったのは、2年間で3回のみ。我ながら、ひどいもんです。お陰で、パートナーには、しょっちゅう又吉と呼ばれていました(最近「芥川賞作家」と呼び名は変更されましたが)。

20160226_045238193_iOS

そしてカットに行くときは、とにかく半年以上美容院にいかなくても済むような頭にしてもらうこともポイント。髪の毛が多くて、天然パーマの私の場合、短くすると頻繁な手入れが必要になってしまうので、必然的にロングヘアになります。

解決方法その②パートナーを最初に派遣

それでも髪の毛が多いし、結構くせ毛があるわたしにも、たまには行かなきゃいけないときがあります。そういうとき、必然的に髪を切る回数が私よりも多いパートナーを、最初に狙いのお店に送り出します。笑。彼の感想を聞いた上で、行く。

というわけで、最近彼の美容院予約は、わたしの担当になっております。

解決方法その③個人でやっている人を見つける

ネイルやマツエクの場合、日本人で技術を持っているけれど、お店を持っているわけではない、という人が、海外には結構いたりします。そういった人を、SNSや日本人掲示板で探し出して出張ネイル、出張マツエクをしていただくと、店舗のレントやマージン料がかからないため安く済ませることができます。

同じように、美容師さんにもそういう方がいらっしゃいました。NYでは当初美容院に行っていて、とても上手な方に切っていただいていたのですが、やっぱり高くて、しかもなかなか子供を置いて出かける時間を見つけ出すのが一苦労でした。

その後、友人の紹介で、美容師さんに家に来ていただく出張カットに出会い、我が家全員(娘も)その美容師さんに切っていただくようになりました。その方は、美容院で勤務しつつ、空いている時間に出張カットもやっているということでした。お店にとられる費用も多いので、出張カットは美容院できるよりも安く切っていただいても、美容師さんの手元に入るお給料は大きくなる、という仕組みです。

家でカットしてもらえるので、子供の面倒をみなければいけない母親としても非常にありがたいかぎりでした(もともと切っていただいていた方には大変申し訳なかったのですが。。。この場を借りて、、、ごめんなさい!)。しかも、夫が切った後、娘も、ということで一気に方がつくのも良い点でした!

こういった美容師さんを香港でも見つけたいのですが、まだ見つけていないです。いないかなあ。。。

以上、海外在住髪の毛の悩み戯言でした~。

 

2 Comments on “=戯言コラム=髪の毛との格闘in外国

  1. アメリカの、日本人がほとんどいない地方に住んでいるので、深く共感です。
    私はショートボブなのですが、現地の美容院で切ると「おかっぱ」に。
    金髪だとけっこうおしゃれに見えるのかもしれないけど、黒髪だと日本人形・・・。
    細かい指示を出す英語力がないので、もうあきらめています。この髪型だと、ただでさえ若く見られる童顔な私は、アラフォーなのに20歳くらいに見えるようです。

  2. zhizi21さん、コメントありがとうございます!!!たしかに!!金髪のショートボブも黒髪だと日本人形ですね。。。しかも、ちょっと幼めの。。。でも若く見えるからいいかも!?日本人はみんな若くみられますよね。日本では、高校生の頃から、本来の年齢よりも10前後年上に見られていましたが、国外に出ると、見た目年齢が年相応になってきたので、やはりアジア人は若く見えるんだなあと実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です